紀要編集規程・投稿規程・執筆要領の改正および論文表彰規程の創設について

更新日:8月9日

この度、以下のとおり規程の改正・創設が行われましたので、ご確認ください。


◆「日本教育制度学会紀要編集規程」の改正

(旧)

3.編集委員の定員は、原則として、編集委員長・副委員長を除き、10名程度とする。

(新)

3.編集委員の定員は、原則として、編集委員長・副委員長を除き、15名程度とする。


◆「『教育制度学研究』投稿規程」の改正

(旧)

5.投稿様式

(3)投稿原稿には、「投稿申請書」を必ず添付する。投稿申請書には、タイトル(日本語及び英語)、キーワード(日本語で5つ程度)、連絡先等をすべて記入すること。

(4) 「自由研究論文」「研究ノート」には、400words以内の「英文摘要」を添付すること。

(新)

5.投稿様式

(3)投稿原稿には、「投稿申請書」を必ず添付する。投稿申請書には、タイトル(日本語及び英語)、キーワード(日本語で5つ程度)、400字程度の要旨(日本語)、連絡先等をすべて記入すること。

(4) 掲載が決定した「自由研究論文」「研究ノート」はタイトル(英語)、キーワード(英語で5つ程度)、400words以内の「英文摘要」を7月末日までに入稿すること


◆「『教育制度学研究』執筆要領」の改正

詳細はこちらでご確認ください。


◆原稿フォーマットおよび原稿チェックシート

フォーマットとチェックシートを作成いたしました。執筆および提出の際にご活用ください。

・原稿フォーマット(wordファイル

・原稿チェックシート(PDFファイル

※ダウンロードした原稿フォーマットで原稿を作成する場合でも、執筆要領の原稿様式に合致しているか必ずご確認ください。ファイルの互換性の問題でレイアウトが崩れる場合があります。


◆「『教育制度学研究』論文表彰規程」の創設

本学会ではこれまで会員褒賞規程がありませんでしたが、総会でお諮りした通り、「『教育制度学研究』論文表彰規程」を創設し、次号の学会紀要の掲載論文から適用することになりました。


最新記事

すべて表示

1.趣旨 世界的な競争、評価をめぐる問題、キャリアパスに関する課題など、若手研究者をめぐる研究・知識 生産の環境は多くの課題を抱えています。安定的な活動基盤の獲得のために、時にチャレンジングな 研究の回避、あるいは評価指標を過度に気にした活動などの弊害が指摘され、知識生産の可能性を損ね ていくことが危惧されています。 日本学術会議若手アカデミーでは、2022年6月から7月にかけて「若手研究者をとり

いのち支える自殺対策推進センターは令和2年4月1日に、「自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に関する法律(令和元年法律第三十二号)」に基づく厚生労働大臣指定法人として始動しました。 当センターでは、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指す施策を達成すべく、科学的根拠に基づいた自殺総合対策を強力に推進するため、革新的自殺研究推進プログラムを実施し

第68回全国夜間中学校研究大会についてお知らせが届きました。 日時:2022年(令和4年)11月17日(木)~11月18日(金) 場所:川口総合文化センター・リリア 川口市立芝西中学校陽春分校 大会主題: ◆「夜間中学校の実態から教育の課題を明らかにし、義務教育未修了者の人権としての学ぶ権利を保障しよう。」 ◆「夜間中学校の現状を見据えながら、夜間中学校が果たすべき役割を明らかにし、新設夜間中学校