top of page

日本学術振興会第4回「育志賞」受賞候補者の推薦について

 独立行政法人日本学術振興会より、第4回「育志賞」受賞候補者の推薦について通知がありました。概要は下記の通りです。推薦の希望がありましたら、様式を添付の上、5月2日までに事務局へお申し出ください。


1. 対象者

平成25年4月1日現在34歳未満であり、次の①又は②に該当する者であって、平成25年5月1日において我が国の大学院博士後期課程(医学、歯学、薬学又は獣医学を履修する4年制の博士課程を含む)に在学している下記のいずれかの条件を満たす者

① 大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる大学院生であって、当該大学長から推薦された者

② ①に相当する大学院生であるとして所属する学会長から推薦された者

また、海外からの留学生で大学院博士後期課程に在学する者についても、推薦することができます。

※ なお、推薦に当たっては、論文等の業績のみにとらわれず、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な者を推薦願います。


2. 総授賞数

 本会が設置する選考委員会において16名程度選考します。


最新記事

すべて表示

公開シンポジウム(日本学術会議 心理学・教育学委員会 高大接続を考える分科会・教育関連学会連絡協議会(関連協)主催)のご案内

日本教育学会より、公開シンポジウムのお知らせがありましたのでご案内いたします。 詳細は以下のURL及びポスターをご参照ください。 http://www.jera.jp/20230106-2/ ポスター(日本教育学会のウェブサイトに移動します) 公開シンポジウム「これからの教育政策のゆくえ―CSTI教育・人材育成ワーキンググループ「政策パッケージ」をめぐって―」 【日時】 2023年3月11日(土)

日本学術会議公開シンポジウム「若手研究者をとりまく評価-調査結果報告と論点整理-」のお知らせ

1.趣旨 世界的な競争、評価をめぐる問題、キャリアパスに関する課題など、若手研究者をめぐる研究・知識 生産の環境は多くの課題を抱えています。安定的な活動基盤の獲得のために、時にチャレンジングな 研究の回避、あるいは評価指標を過度に気にした活動などの弊害が指摘され、知識生産の可能性を損ね ていくことが危惧されています。 日本学術会議若手アカデミーでは、2022年6月から7月にかけて「若手研究者をとり

第68回全国夜間中学校研究大会のお知らせ

第68回全国夜間中学校研究大会についてお知らせが届きました。 日時:2022年(令和4年)11月17日(木)~11月18日(金) 場所:川口総合文化センター・リリア 川口市立芝西中学校陽春分校 大会主題: ◆「夜間中学校の実態から教育の課題を明らかにし、義務教育未修了者の人権としての学ぶ権利を保障しよう。」 ◆「夜間中学校の現状を見据えながら、夜間中学校が果たすべき役割を明らかにし、新設夜間中学校

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page