日本教育政策学会第25回大会公開シンポジウムのお知らせ

更新日:2019年4月3日

日本教育政策学会第25回大会実行委員会より、公開シンポジウムのご案内を頂いております。


  • 日時: 2018年7月7日 14時15分―18時15分

  • 場所: 専修大学神田キャンパス1号館3階301教室(予定)

  • シンポジウムテーマ

   グローバル教育改革モデルと教育の効果検証システム

   —英国Ofstedの経験と日本の教育政策の路線—

  • コーディネーター 兼 司会

   広瀬裕子 (専修大学)

  • スピーカー

   ・Michael Wilshaw (前・英国教育水準局Ofsted長官)

   ・前川喜平 (前・文部科学事務次官)

   ・木岡一明 (名城大学)


詳細は下記のちらしをご参照下さい。

2018公開シンポちらし.pages.pdf


   

最新記事

すべて表示

1.趣旨 世界的な競争、評価をめぐる問題、キャリアパスに関する課題など、若手研究者をめぐる研究・知識 生産の環境は多くの課題を抱えています。安定的な活動基盤の獲得のために、時にチャレンジングな 研究の回避、あるいは評価指標を過度に気にした活動などの弊害が指摘され、知識生産の可能性を損ね ていくことが危惧されています。 日本学術会議若手アカデミーでは、2022年6月から7月にかけて「若手研究者をとり

いのち支える自殺対策推進センターは令和2年4月1日に、「自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に関する法律(令和元年法律第三十二号)」に基づく厚生労働大臣指定法人として始動しました。 当センターでは、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指す施策を達成すべく、科学的根拠に基づいた自殺総合対策を強力に推進するため、革新的自殺研究推進プログラムを実施し

北海道教育大学函館校より教員公募のお知らせが来ています。 詳細は、以下の通りです。 ・公募情報:函館校(教育学)教員 ・募集人員:1名 ・採用職名:准教授又は講師(常勤・任期なし) ・採用時期:2023年4月1日 ・募集期間:2022年9月13日(火)必着 (1)公募要領(函館校(教育学))※北海道教育大学HPより https://www.hokkyodai.ac.jp/files/0000060