課題研究に関する意見聴取について

PDFでご覧になる場合はこちらです


 

※ 選挙書類に同封しました「課題研究に関する意見聴取について」の一部に誤りがありました。現在、設定されている課題研究は、正しくは、「教育制度原理、初期教育、義務教育、後期中等教育、高等教育、教員制度、専門教育・生涯学習、教育・看護・福祉制度、教育経営・行政制度」の9つですので、訂正いたします。

(2011年7月8日追記)

 

会員各位

会長 桑原敏明


課題研究に関する意見聴取について



 今年度は、日本教育制度学会役員選挙を実施します。それに伴い、学会役員選挙規程(1998年12月5日総会決定)の次の第9条に基づき、課題研究について会員各位よりご意見を聴取したいと存じます。


第9条「課題研究担当理事の「課題研究」は9つ以内とし、選出された理事の会において各課題研究ごとに理事1名及び理事以外の会員1名を課題研究担当理事として指名する。


2 「課題研究」は、会員の意見を聴取して理事会において審議・決定され、総会に報告される。


 現在、教育制度原理、初期教育、義務教育、後期中等教育、高等教育、教員制度、専門教育・生涯学習、教育・看護・福祉制度、及び教育経営・行政制度の9つの課題研究が設定されています。これについてご意見・要望等がございましたら、平成23年8月末日までに下記あてにご提出して下さいますようお願い申し上げます。



〒305-8572

つくば市天王台1-1-1 筑波大学教育学系 教育制度研究室気付

日本教育制度学会事務局

電話・FAX 029-853-6738

e-mailjseso1993@gmail.com


以上

最新記事

すべて表示

いのち支える自殺対策推進センターは令和2年4月1日に、「自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に関する法律(令和元年法律第三十二号)」に基づく厚生労働大臣指定法人として始動しました。 当センターでは、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指す施策を達成すべく、科学的根拠に基づいた自殺総合対策を強力に推進するため、革新的自殺研究推進プログラムを実施し

北海道教育大学函館校より教員公募のお知らせが来ています。 詳細は、以下の通りです。 ・公募情報:函館校(教育学)教員 ・募集人員:1名 ・採用職名:准教授又は講師(常勤・任期なし) ・採用時期:2023年4月1日 ・募集期間:2022年9月13日(火)必着 (1)公募要領(函館校(教育学))※北海道教育大学HPより https://www.hokkyodai.ac.jp/files/0000060