top of page

日本教育制度学会紀要論文投稿規程の改正について

 第19回大会で報告いたしましたが、紀要論文投稿規程を改正しました。

 査読結果をできるだけ投稿者すべてにフィードバックするため、従来の「6.投稿論文が不採択になった場合の『査読コメント』は開示していない。」を削除しました。これに伴い「7.投稿論文の原稿の提出期限は3月末日必着とする。」が6に繰り上がります。

 改正された論文投稿規程は、左の「会則・規程等」のリンクからご参照いただけます。


最新記事

すべて表示

『教育制度学研究』投稿規程の改正について

このたび、以下の通り投稿規程の改正が行われました。 詳細については、【会則・規程等】のページをご覧ください。 (旧) 5. 投稿様式 (1) 投稿原稿は、「自由研究論文」「研究ノート」とも40字×30行×15頁以内とする。 (2) (1)には、タイトル、脚注、図表等を含める。 (3) 掲載が決定した「自由研究論文」「研究ノート」はタイトル(英語)、キーワード(英語で5つ程度)、400words以内

電子投稿システムによる投稿受付開始について

2024年3月15日10時より、電子投稿システムで「自由研究論文」「研究ノート」の投稿受付を開始しました。 詳細は、当webサイト内「学会紀要投稿募集」をご確認ください。 ■投稿者(著者)用マニュアル(PDFファイル)

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page